“柳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やなぎ72.6%
りゅう11.1%
やな8.1%
りう4.4%
ヤナギ2.2%
あなぎ0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
六条 千春 平河みね子 辰巳 鈴子 歌島 定子  ちどり 小林 翠子 香川 桃代 三条 健子 海原真帆子  黄世子
間諜座事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
という秀才があって試験に落第しての帰途、舟で洞庭湖まで来たが酒に酔ったのでそのまま舟の上に寝ていた。と、の音が聞えて来た。
織成 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
去年、秀吉の戦捷のとき、家康から秀吉への賀の使者として、初花の茶入れをたずさえ、石川数正がえらばれて大坂へ行った。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やがておがしなやかにつて、れると、のあたりにつて卷煙草は、するともなく、れて、婦人つた。
三尺角拾遺:(木精) (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
」「」「」「」「過ぎ」などの「ぎ」には(乙)類の文字を用いて、その間に区別がある。
国語音韻の変遷 (新字新仮名) / 橋本進吉(著)
大路のかげにいてなささうの下駄のおと、村田の二原田きはおひのにおもふし。
十三夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
雨暗暮江 雨は暗し暮江の
閉戸閑詠 (新字旧仮名) / 河上肇(著)