“仔馬”の読み方と例文
読み方割合
こうま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そう言えば、は、弾機仕掛けのような飛び方をして逃げて行く。七面鳥は生垣のなかに隠れ、初々しい仔馬木蔭に身を寄せる。
博物誌 (新字新仮名) / ジュール・ルナール(著)
私の父は歓迎の意志表示でせうか、口汚く山羊や豚を追ひ立てて、そのかはりから自慢の仔馬を引き出して先生に見せました。
亜剌比亜人エルアフイ (新字旧仮名) / 犬養健(著)
「いいとも。お前たちはみんな大佐にする。んだら、きっとかけて来ておくれ」といいました。仔馬んではねあがりました。
貝の火 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)