貝の火かいのひ
今は兎たちは、みんなみじかい茶色の着物です。 野原の草はきらきら光り、あちこちの樺の木は白い花をつけました。 実に野原はいいにおいでいっぱいです。 子兎のホモイは、悦んでぴんぴん踊りながら申しました。 …
作品に特徴的な語句
かば 浅黄あさぎ 戦争せんそう 熱心ねっしん 冷汗ひやあせ 一晩ひとばん 瑪瑙めのう 大騒おおさわ やなぎ 辞儀じぎ くすり 宝物たからもの 夕日ゆうひ 何遍なんべん 得意とくい あぶら 夕方ゆうがた 泥棒どろぼう 横着おうちゃく 芸当げいとう つくえ 大粒おおつぶ 一面いちめん 先頃せんころ 満足まんぞく 天日てんぴ 眼玉めだま 銀色ぎんいろ かい 第一だいいち らん 不意ふい 台所だいどころ 噴火ふんか 医者いしゃ 気絶きぜつ 孝行こうこう 威勢いせい 失敬しっけい 有名ゆうめい 宝石いし 六日むいか 小流こなが 鈴蘭すずらん 元来がんらい 大臣だいじん 噴火口ふんかこう 波立なみだ 実際じっさい 様々さまざま 紅雀べにすずめ 貴様きさま 占領せんりょう 熔岩ようがん 贈物おくりもの 動物園どうぶつえん 全体ぜんたい 祝着しゅうちゃく 大変たいへん 頂上ちょうじょう 一服いっぷく 仁義じんぎ 大将たいしょう 手伝てつだ 決闘けっとう 熱病ねつびょう 卒倒そっとう 地雷火じらいか 宝珠ほうじゅ 悪党あくとう 日様ひさま 無調法ぶちょうほう 硝子箱ガラスばこ 運動うんどう 少尉しょうい 切腹せっぷく 大佐たいさ