貝の火かいのひ
今は兎たちは、みんなみじかい茶色の着物です。 野原の草はきらきら光り、あちこちの樺の木は白い花をつけました。 実に野原はいいにおいでいっぱいです。 子兎のホモイは、悦んでぴんぴん踊りながら申しました。 「ふん、いいにおいだなあ。うまいぞ、う …
作品に特徴的な語句
めん なお 景色ありさま へん うけたま たが ねつ ゆび いそ そん ゆる はん 調しら がわ けっ びき はん はや べん かわ ぺん わか おさ きゅう こわ らん ばつ だれ 小流こなが おさ じつ 宝石いし 宝物たからもの こな かる へん 失敬しっけい 立派りっぱ たば 大臣だいじん やわ へん 頂上ちょうじょう 一所ひとところ けむり かみ 黄金きん ひき 先頃せんころ うさぎ 面目めんもく つめ しず つゆ 切腹せっぷく ひら ぬす よこ めい 合点がってん あみ 眼鏡めがね 芸当げいとう きょう はな 着物きもの すな 熔岩ようがん うで 胸毛むなげ 熱心ねっしん 熱病ねつびょう 片脚かたあし むね もの かた 特別とくべつ うつく きつね けもの たま わたし ぴき ざる つか わら