“珠”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
たま93.8%
だま2.9%
じゅ1.4%
みたま1.0%
しゅ0.5%
シュ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はすと、い、翡翠とかいてね、おたち……たちぢやあ他樣失禮だ……おなぞがしがるとおんなじだ。」
鳥影 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
その桟橋の両側には三ばかりの船が着いている。きに途中で追い抜いた木浦丸もれてはいって来る。船全体が明るくともって、水晶のようなのが一艘おる。
別府温泉 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
私はけてかえって祖母さんに訴えた。祖母さんはだまって白い台紙に張りつけた、さんごまがいの細かいのついた網を求めさせてくれた。
手と手の間に、を争うように、印籠が、揉まれた。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかしもちろんそれはわがいわゆるタマのことではない。次に「」は真珠のことで、シナでは山に出づるものを「玉」といい、水に出づるものを「珠」というとある。
八坂瓊之曲玉考 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)