“じゅ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
23.9%
16.5%
15.6%
寿11.9%
11.0%
3.7%
2.8%
2.8%
2.8%
2.8%
2.8%
1.8%
0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この時堂上の僧は一斉合掌して、夢窓国師遺誡し始めた。思い思いに席を取った宗助の前後にいる居士も皆同音に調子を合せた。
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
機を計っていた猛獣隊は、一度にを解き、或いはを開いた。と共に木鹿大王は、口の内にを念じ、なにかるような恰好をしだした。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
年紀は二十七。五位三等、の軍医監、同姓英臣の長男、七人の同胞に英吉ばかりが男子で、姉が一人、妹が五人、その中縁附いたのが三人で。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
とうとうその一人の光明寺三郎夫人となったが、天は、その能ある才人に寿をかさず、企図は総て空しいものとされてしまった。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
雪女水晶のようなからはなつと、人魚のかんむりや、にかけた海中のめずらしいや、さんごのかざりからながれるかがやきは
雪の上の舞踏 (新字新仮名) / 小川未明(著)
さてはこれも一清の妖術攻勢だなと、高廉は必死なを行ってみたが、さっぱり自分の破邪にはき目がない。——時も時、こんなところへであった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と言い、心で真言を読み、印を作っていたが、そのために明らかになったか、僧都は
源氏物語:55 手習 (新字新仮名) / 紫式部(著)
か、田中あたりか、の森か、まさかこの順道をそのまま吉原へ入るのではあるまい。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
専門たるのほかに道家の教えにしくまた諸家の説にも通じていたが、それらをすべて一家のをもってべて自己のものとしていた。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
みがかった、光沢のあるがついていたのであろうけれど、ほとんどちてしまい、また、しい、ぬれたさんごのようなのかたまったが、ついていたのだろうけれど
おじいさんが捨てたら (新字新仮名) / 小川未明(著)
「先君の印璽はどこへやったかね?」
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
尊著ヲ得テ一読シトミニ二ノ体ニアルヲ忘ル。今渡辺生ニ托シテコレヲ還ス。然レドモニ半部ヲ閲スルノミ。蔗境イマダ尽サズ。殊ニ嗛然タルヲ覚ユ。更ニ後巻ヲ送致セヨ。至望至望。壬戌ノ春。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
してなるはずしも良縁ならず、して夭折す、って良縁。さ、かして、迷迭香死骸ましゃれ。そして習慣通り、晴衣せて、教會らっしゃれ。
口のうちで、祝文を唱え、を切ること三度。なお黙祷やや久しゅうして、神気ようやくあたりにたちこめ、壇上壇下人声なく、天地万象また寂たるものであった。
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)