明治美人伝めいじびじんでん
空の麗しさ、地の美しさ、万象の妙なる中に、あまりにいみじき人間美は永遠を誓えぬだけに、脆き命に激しき情熱の魂をこめて、たとえしもない刹那の美を感じさせる。 美は一切の道徳規矩を超越して、ひとり誇らかに生きる力を許されている。古来美女たちのそ …
作品に特徴的な語句
おと ざむらい ほろぼ ぬきんで かたわ いれ 遊女ゆうじょ しも かたわ きら 根生ねおい さかえ ひと 妓女げいしゃ うる 成長おおき よう ほほ おく さげ くわわ みと 起臥おきふ 朋友とも 貌容がんよう 鴛鴦えんおう おも かん かがや つつ とま かしず 側近そばちこ 気強きごう 共棲ともずみ うち うけたま 夜々よよ 昔時いにしえ 起伏おきふ やっこ かけ かご けん うれい 成行なりゆ よろず かみ ぬら 中洲なかす 思召おぼしめし 脱捨ぬぎす もら 伝法でんぼう 心立こころだて 洋銀ドル 肉置ししおき すま 御座ぎょざ すが 俊髦しゅんもう かたむ はなはだ もん 零落おちぶ 白刃はくじん すぐ 門附かどづ すぐ きん 弄花ろうか 口入くちい 欽仰きんこう 扮装ふんそう かまびす こま かけはし 年数としかず 美子はるこ ともがら こう 放縦ほうしょう ひと くび 女軍じょぐん たえ 居愁いづら いや 網島あみじま まれ 緋桜ひざくら もろ 耳目じもく