“愁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うれ46.3%
うれい14.4%
うれひ10.5%
9.6%
つら9.2%
かな3.5%
いた2.2%
うれへ1.7%
うる0.4%
うれはし0.4%
かなし0.4%
こわ0.4%
さび0.4%
しゅう0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
身も魂も投げ出して追憶の甘きいにりたいというはかない慰藉ぶようになってから、私は私にいつもこう尋ねるのであった。
山の手の子 (新字新仮名) / 水上滝太郎(著)
無論現実的の憂愁ではなく、青空に漂う雲のような、または何かの旅愁のような、遠い眺望への視野を持った、心の茫漠としたである。
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)
く楽まされし貫一も、これが為に興冷めて、に重きを花の前に支へつつ、又かのを徐々に喚起さんと為つ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お前の父さんは馬だねへと言はれて、名のりやらき子心にも顏あからめるしほらしさ、出入りの貸座敷の祕藏息子寮住居に華族さまを氣取りて
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
そこまでがほんとの話で、突然、まつはいとみなゃんすけれどもなア——とケロケロといだすのだった。そして小首をげて
だんだん彼女の何時も深いしみに隈どられた面輪が、頭の中のスクリインに大写しのようにいっぱいに映ったまま消えなくなったのである。
アンドロギュノスの裔 (新字新仮名) / 渡辺温(著)
かくて曹彰はただ一人になって宮門に入り、兄の曹丕に対面すると、共に手をとって、父の死をみかなしんだ。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
歌はざりしか、なき冬の日にもは照りしかど。
白鳥 (旧字旧仮名) / ステファヌ・マラルメ(著)
わしい調子で古いスペインの小唄ガレガを歌った、おそらく二本の木の間の綱の上に勢い込めて揺られてる美しい娘から感興を得たのであろう。
底寂きと、の細きが折れやしぬべく可傷きとなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あどけないみをする
山羊の歌 (新字旧仮名) / 中原中也(著)
口の中へ一ぱいに大福餅を押込まれたり、あの肥った体で踏んまたがれて、青坊主にりたてられるのがいのだった。
そのとき麗姫の顔にはしいとも恥かしいとも云い切れない複雑な表情が走った。支離遜はて彼女にこんな表情の現れたのを見たことが無かった。
荘子 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)