“御愁歎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おなげき50.0%
ごしゅうたん50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「は、は、は、その御愁歎おなげきは、ごもッともごもッとも」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
たいせつの御文籍をたくさん焼かれても、なんのくったくも無げに、私と一緒に入道さまの御愁歎ごしゅうたんをむしろ興がっておいでのその御様子が、私には神さまみたいに尊く有難く、ああもうこのお方のお傍から死んでも離れまいと思いました。
鉄面皮 (新字新仮名) / 太宰治(著)