“うる”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウル
語句割合
28.5%
18.7%
17.6%
湿11.2%
9.1%
4.0%
2.4%
1.6%
1.3%
1.1%
0.8%
0.8%
0.5%
0.5%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
浸潤0.3%
蒼蠅0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
谷崎君は平安朝の文学の清冽な泉によって自己の詩境をおしているとゝもに、江戸末期の濁った趣味を学ばずして身にえている。
武州公秘話:02 跋 (新字新仮名) / 正宗白鳥(著)
そういえば、どんなに綺麗な蛾にしても、灯のまわりをさく飛びまわられては嫌いです。嫌いといえば、何よりもたまらないのはノミ。
身辺打明けの記 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
いかに時頼、人若き間は皆ちはあるものぞ、萌えづる時のはしさに、霜枯の哀れは見えねども、れか秋にはでつべき。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
三千代の顔をべやうとすると、顔の輪廓が、まだ出来らないうちに、此い、湿んだ様にされたが、ぽつとる。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「わたくしとても何気ない朝のわしさには、こころからしくぞんじています。貞時さまのおのこえまで覚えましてございます。」
津の国人 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
けれどもその黒くんだ瞳と、心持ち微笑を含んだ唇が明かに私のこうした妄想を裏切っている事を認めない訳に行かなかった。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それは如何にも彫刻家が物のかたちを見極める無言の観察であるかの如く、余念のない、清澄なみを持つてゐた。
熱い風 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
深山を下ること二里余り、紺碧の水をえたる湖のへ出た。ここで渇したるを清水におし、物凄き山中を行くと、深林の中に人が歩るいたらしい小径がある。
雨がはれあがって、しめっぽい六月の空の下に、高原地の古い町が、んだような静さと寂しさとで、彼女のんだ目に映った。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
何の妙観あるを知らず、善あり、悪あり、何等思議すべからざるところありて始めて其本性を識得するをなり、善鬼悪鬼美鬼醜鬼、人間の心池に混交し
心機妙変を論ず (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
は片足進みて片足戻る程のおかしさ、自分ながら訳も分らず、名物強飯牀几に腰打掛てまず/\と案じ始めけるが、箒木は山の中にも胸の中にも、有無分明に定まらず
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
努力』のひ、『思慧』のおほしきて
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
斯の如きは世なり。斯の如きは人間なり。深く心を人世に置くもの、くんぞ憂なきを得ん。安くんぞ悲なきを得ん。甘露をらす法の道も、世をほすこと遅く、仁義の教も人の心をいかにせむ。
哀詞序 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
はしき花の笑ひもながめて過ぎぬ
恋しき最後の丘 (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
わしい調子で古いスペインの小唄ガレガを歌った、おそらく二本の木の間の綱の上に勢い込めて揺られてる美しい娘から感興を得たのであろう。
通行人らの騒ぎに、トロミエスの愉快な聴衆もふり向いてながめた。そしてその間にトロミエスは、次のわしい一節を歌っておしゃべりの幕を閉じた。
など知らざる上には知らず在方では身の賣買法度にて誰にまん樣もなく當惑なして居たりしが十兵衞
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
やと容子を尋ねけるに親十兵衞が云々にて年貢のお金に差支ころなく身を時宜なれば何卒おへ下されたく如何樣しひ事成とも御主人大事御客樣
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
小兒くしきさまるべきを、格子よりふに燈火ぼんやりとして障子るかげもし、お美尾美尾ながらるに、へはえて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
っているだけの物腰にも紛飾を透けて浸潤んでいる。
雛妓 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
彼の頭に妹のいう意味は判然入った。けれども彼女の予期する感情は少しも起らなかった。彼は先刻から蒼蠅さいのを我慢して彼女の云い草を聴いていた。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
朝柏八河辺小竹のしぬびて宿ればに見えけり 〔巻十一・二七五四〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)