“三千代”の読み方と例文
読み方割合
みちよ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
代助は此細君をまへて、かつて奥さんと云つた事がない。何時でも三千代さん/\と、結婚しない前の通りに、本名んでゐる。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「びっくりしなくってもいいわよ。あたし、おばけじゃないのよ。三千代ちゃんというのよ。」
鉄人Q (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
代助は平岡にれてから又引き返して、旅宿へ行つて、三千代さんに逢つてしをしやうかと思つた。けれども、だかけなかつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)