“旅宿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やど36.8%
やどや16.2%
りよしゆく14.7%
はたご13.2%
りょしゅく8.8%
はたごや5.9%
やどり2.9%
イン1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
越前武生の、しい旅宿の、れたれて、二ばかりもんだ吹雪行惱みながら、は——ひました。
雪霊記事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
で、旅宿の一で出来るだけ小さくなつて、溜息ばかりいてゐると、次の日曜日の朝、夫人は金糸雀のやうな声ではしやぎ出した。
扨も忠八は馬喰町なる旅宿りてお花夫婦に打對ひ今日向島の渡舟にて斯々の事ありしと告げれば夫婦は悦ぶ事大方ならず只行方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
「園子お嬢様は旅ははじめて、さぞお疲れでござりましょう。少しばかり早くはござりますが、旅宿を取ることにいたしましょう」
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そして、旅宿に二人附添つた、玉野玉江と云ふ女弟子も連れないで、一人でと、……日盛うした身には苦にならず、町中を見つゝに来た。
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
大津は無名の文学者で、秋山は無名の画家で不思議にも同種類の青年がこの田舎旅宿で落ち合ったのであった。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
わが行くをうる處までゆくべし、されど見よ日は既に傾きぬ、夜登る能はざれば、我等うるはしき旅宿を求めむ —四五
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
この迂愚なる旅人が旅宿を逭れて五日といふ旦暮は、これなる(かれは首から下げたズダ袋をはたくをしてみせる)山蟻、あれなる黄蜂の巣、さては天牛虫、油虫、これに酢模、山独活をそへ
希臘十字 (新字旧仮名) / 高祖保(著)