“宿”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やど38.3%
しゅく34.8%
とま8.7%
しゆく7.8%
2.1%
やどり1.9%
じゅく1.2%
1.0%
うち0.8%
じゆく0.6%
とど0.4%
シユク0.4%
0.2%
やどる0.2%
シュク0.2%
0.2%
いね0.2%
とまっ0.2%
とまり0.2%
とゞ0.2%
0.2%
0.2%
よど0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
は、ちゃんに、っているようなと、宿っているようなけてあげますように、さまにおいしましょう。
はてしなき世界 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「はい、鳥沢の宿まで、父と一緒に参りまして、私だけ先へ帰って来ましたので、ちょっとあそこへ寄って、用を頼んでおりました」
八寒道中 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
ある時家族じゅうで北国のさびしい田舎のほうに避暑に出かけた事があったが、ある晩がらんと客のいた大きな旅籠屋宿った時
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
一体東海道掛川宿から汽車んだとえてる、腰掛れて、死灰へたから別段にもまらなかつた。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「お前の友達つて人は本當に今日來るの?……何なら今夜内へ宿めてやつても可いとおつ母さんが言つてお出でだつた。」
少年の死 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
扨も吉兵衞が宿たる家の主人を何者と尋るに水戸中納言殿御家老職に藤井紋太夫と云ふあり彼柳澤が謀叛して既に公邊の大事にも及べき處を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
日本橋、通旅籠町の家持ちで、茶と茶道具一切っている河内屋十兵衛の店へ、本郷森川宿の旗本稲川伯耆の屋敷から使が来た。
半七捕物帳:27 化け銀杏 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
陽炎のたち昇る春の日に、雲雀りをききつつ、私のいつも思い出すのは、「春の野に菫摘まむと来しぞ野をなつかしみ一夜宿にける」
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
主人は一息ついてから目を皿のようにして天井を指しながら宿の四階に居た乙女のように柔和なセルヴィヤ人が其のFであった。
二人のセルヴィヤ人 (新字新仮名) / 辰野隆(著)
聞ゆゑ九助も段々始終の話より歸り掛けの道中にて斯樣々々島田宿の水田屋が曼陀羅の話等を爲し明日は金を請取に參るとて十界の曼陀羅を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
太空は一の雲も宿めないが黒味渡ッて、二十四日の月はまだ上らず、霊あるがごとき星のきらめきは、仰げば身もるほどである。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
くゞつとほかひゞととの相違は、くゞつの海・川を主として、後に海道に住み著いて宿をなした者も多いのに、ほかひゞとは水辺生活について、何の伝説も持たない。
朝柏八河辺小竹のしぬびて宿ればに見えけり 〔巻十一・二七五四〕 作者不詳
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
白雪を覆ふ。轎夫いふ。御嶽山上に塩ありと。所謂崖塩なるべし。一里半藪原駅。二里宮越駅。若松屋善兵衛の家に宿。此日暑甚し。三更のとき雨降。眠中しらず。行程九里
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
むかし、九天玄女の夢告をうけたとき宿ウテ喜ブ——という一語をたしか聞いている。これかもしれない? 彼と呉用とはそれッと船を少し進めさせて
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人麿の歌に、「古にありけむ人も吾がに恋ひつつ宿ねがてずけむ」(巻四・四九七)というのがある。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
かこち昨夜四日市なる三人の若い者此處妓樓遊興て夜を宿るに間もなく夜はみたりと若い者に起され今朝しもぶつ/\ときながら妓樓
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
昔し房州館山から向うへ突き抜けて、上総から銚子まで浜伝いに歩行た事がある。その時ある晩、ある所へ宿た。ある所と云うよりほかに言いようがない。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
を見玉はゞさぞかしよろこび給ふらん。さればに候、父翁はいつぞやられしが母人はいまだ赤子を見給はざるゆゑことさらの喜悦ならん。ならば一宿てもよからんか、宿給へ。
太空は一片の雲も宿めないが黒味渡ツて、廿四日の月は未だ上らず、霊あるが如き星のきらめきは、仰げば身もる程である。
里の今昔 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
私の心が不健全であるのでは無からうか、愛情と云ふものを宿どさない一種の精神病のではあるまいかと——けれど私は只だ亡き母をひ、慕ひ想像する以外に
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
美徳れば惡徳し、惡徳用處威嚴ず。孱弱い、幼稚宿れば藥力もある、いでは身體中むれども、むるときは心臟に五す。