少年の死しょうねんのし
八月の曇つた日である。一方に海があつて、それに鉤手に一連の山があり、そしてその間が平地として、汽車に依つて遠國の蒼渺たる平原と聯絡するやうな、或るやや大きな町の空をば、この日例になく鈍い緑色の空氣が被つてゐる。 大きな河が海に入る處では盛ん …
作品に特徴的な語句
おほ よく いつ 出會でくは どう はて 宿 けがれ とほざ ゐき あが さかさ さつき つい さま ごく 神々かうがう いぢ ゑさ 一色いつしき 不可いか ひと 午前ひるまへ こは 悉皆すつかり あはれ とどこほ わづら まばら 薄明はくめい 倏忽たちまち 僧形そうぎやう なぎ 周章あわて 喫驚びつくり うづたか 對照コントラスト 少時しばし おれ かすか 意嚮いかう 所以ゆゑん 所謂いはゆる あら しとや いぶ 獰猛だうまう はなはだ 畢竟ひつきやう まば あふひ 蝙蝠かうもり 豪宕がうたう つまづ ちかづ あやま ふさ 鄭重ていちよう 銷磨せうま かけ 鷹揚おうやう 𢌞めぐ 一言ひとこと のぼ 不憫ふびん 二十はたち 交際つきあ くだん うなが 傍目わきめ 凸凹でこぼこ つか 周章あわ 單衣ひとへ 嚴敷きびしく 外海そとうみ うち 少時しばらく かが しばしば 徂徠そらい 從兄いとこ 怪訝けげん 態々わざわざ 懊惱あうなう 投網とあみ 昨夜ゆうべ 森閑しんかん 極々ごくごく
題名が同じ作品
少年の死 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)