“投網”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とあみ97.9%
なげあみ2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勝則と投網打ちに行った夜、お京の手紙を見られて以来、マンが、そのことについて、一口もいわないので、内心、気味が悪かった。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
陣羽織を脱いで打ちふるい、さらによれよれの浴衣を脱いで、ふんどし一つになって、投網でも打つような形で大袈裟に浴衣をふるい
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)
城ヶ島さつとひろげし投網のなかに大日くるめきにけり
雲母集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)