雲母集きららしゅう
きらら。雲母。うんも。玉のたぐひにて、五色のひかりあり。深山の石の間にいでくるものにて、紙をかさねたるごとくかさなりあひて、剥げば、よくはがれて、うすく、紙のやうになれども、火にいれてもやけず。水にいれてもぬるゝことなし。和名(雲母和名、岐 …
作品に特徴的な語句
アヒダ おは ミヅ つば いり つる おぢ あひ 夫婦めうと いき あり くぐ 父母かぞいろ イシ はぢ かうべ 空腹ひも いきど かさね 真逆まつさか 可哀かは いろこ 飛沫とばちり はふ きは タマ ゑが もろ いほ カミ 尖端とつぱな うな おほ かへ 把手とりて つぶ 軽卒そそか かを 真向まつかう ほと 山峡やまかひ 礼拝おろが 反射てりかへ うつ 小便しよんべん いひ くら 漁火いざりび 煌々くわうくわう 縁側ゑんがは 蒸汽ふね 恍惚くわうこつ 夫婦めをと くれなゐ もと 憤怒いきどほり 一列ひとつらね そら 鬱蒼こんもり まは かひ 日暮ひくれ くが 深山オクヤマ こと 専念ひとむき もぐ うしほ 家内やうち 真青まさを 面黒おもぐろ れつ てり 両手りやうて うら ぱら ちゝ 花瓶くわびん やいと うれ