“輝”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かがや56.5%
かゞや16.0%
4.2%
ひか3.6%
かがやか3.3%
かがやき2.6%
かゞやき2.3%
てる2.0%
てら1.6%
かゞ1.6%
かが1.3%
ひかり1.3%
かゞやか1.0%
あきら0.7%
カヽヤクハ0.7%
カヾヤ0.7%
きら0.3%
きらめ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まだ昨日ったが、ところどころのくぼみにたまっていました。そのにも、しくらしていていました。
幾年もたった後 (新字新仮名) / 小川未明(著)
友染に、白羽二重をかさねて、つた、衣絵さんが手縫服紗袋んで、つた、小鍋である。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
サアおだというお先布令があると、昔堅気の百姓たちが一同に炬火をふりらして、我先と二里も三里も出揃って、お待受をするのです。
忘れ形見 (新字新仮名) / 若松賤子(著)
しんとしてさびしい磯の退潮が日にって、小さな波が水際をもてあそんでいるらしく長い白刃のように光っては消えている。
忘れえぬ人々 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
お葉は人の少い通に出た時、しい瞳を上げて大空を仰いだのである。そして、「私は本當に死ぬんだもの、三十三には死ぬんだもの、」
三十三の死 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)
そこで許宣は舗を出て、銭塘門のほうへと往った。初夏のようなの強いの照る日で、仏寺に往き墓参に往く男女が街路にれていた。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
この歌は、かのうるはしき笛よりいで、さながら元のれる光にる如く、われらのムーゼわれらのシレーネにまさる 七—九
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「親分も知つて居なさるでせう、近頃兩國の廣小路に小屋を掛けて、江戸中の人氣を集めて居る、娘手踊の半九郎一座の花形、おとお
下男共て、手足り、小聖堂つたが、せずして、死骸横臥つてゐる。つて影暗した。
六号室 (旧字旧仮名) / アントン・チェーホフ(著)
そして、先生た、一心不亂此精神兒童き、何時げにえ、何時其顏希望やいてました。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
兎も角その中橋南地の猿若座の桝に納まったどんな客の中にも、お竹ほどのやかしい存在はたった一人も無かったことは事実でした。
そこで許宣は舗を出て、銭塘門の方へ往った。初夏のようなの強い陽の照る日で、仏寺に往き墓参に往く男女が街路に溢れていた。
雷峯塔物語 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
元寇は、日本のしき大勝に終つたが、その戦禍を甚だしく受けたものは、戦勝の殊勲者たる鎌倉幕府それ自身であつた。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
きのうは三越へ降りたついでに、のためおもちゃを買いました、其は色も何もついていない、ちょいとした積木ですが、二つで十一円何十銭かでした。ほんの小さいものなの。
七歳の時紅梅を御覧じて「梅の花紅脂のいろにぞ似たる哉阿古が顔にもぬるべかりけり」十一の春(斉衡二年)父君より月下梅といふを玉ひたる時即坐に「月、 ...
屋敷中の人々は、近くへる人たちから、垣内の隅に住む奴隷婢奴の末にまで、顏をかして、此とり沙汰を迎へた。でも姫には、誰一人其を聞かせる者がなかつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
是公の家の屋根から突出した細長い塔が、瑠璃色の大空の一部分を黒く染抜いて、大連の初秋が、内地では見る事のできない深い色の奥に、数えるほどの星をつかせていた。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)