“小鍋”の読み方と例文
読み方割合
こなべ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
友染に、白羽二重をかさねて、つた、衣絵さんが手縫服紗袋んで、つた、小鍋である。
銀鼎 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
卯平いながらにどうにか土間へて其處へは自在鍵してのある鐵瓶たり小鍋けたりすることが出來にした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
誰かそつと小鍋を開けて見た形跡のあつた日は、私はひどく神経を腐らした。そこにも、こゝにも、哀れな、小さい、愚か者の姿があつた。
途上 (新字旧仮名) / 嘉村礒多(著)