“吊”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
60.3%
つる29.7%
つり2.5%
とむら2.5%
0.6%
とぶら0.6%
ともら0.6%
ぶら0.3%
0.3%
さが0.3%
ちよう0.3%
つっ0.3%
とふ0.3%
とふら0.3%
とむ0.3%
0.3%
ツリ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元来、猫は兎のように耳でり下げられても、そう痛がらない。引っ張るということに対しては、猫の耳は奇妙な構造を持っている。
愛撫 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
のままの肉やロースにしたのや、さまざまの獣肉店頭した処には、二人のい男がいて庖丁で何かちょきちょきと刻んでいた。
港の妖婦 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
店先ではちょうど小僧がランプへ火をとぼして、夕暗の流れている往来へ、まだ煙の立つ燐寸殻を捨てている所だったのでございます。
疑惑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「お前さんが七年に清水さんを殺した其の白骨でも出さなけりゃア、跡に残った女房子が七回忌になりやしても、いも出来やせん」
「仏さまのお好きな物だ。そいつをおに山盛り一杯ゴチになって、あとは土牢行きの逆さりで、あしたの朝は、土の中でと仲よしになるんだよ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
らぬりのれなれや千年松風颯々として血汐らぬ草葉れわたるかなしくらしだす一片みやふらん此處鴛鴦に。
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
平常は道理がよく了解る人では無いか、氣を靜めて考へ直して呉れ、植村の事は今更取かへされぬ事であるから、跡でも懇につて遣れば、お前が手づから香花でも手向れば
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
足の皮がやっこいだからね、お待ちなせえ、私ア独り歩くと怖えから、提灯をけねえで此の通りさげているだ。
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
四階目にある此処の家のはばかりには、ミユンヘンの新聞紙とともに日本の新聞紙を四角に切つてげてあることがあつた。
日本媼 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
「あたいんか? あたいん家はねえ」と阿部は少しでも高くなって展望をきかせたいと思い、金網にってこうもりのようにぶらった。
白い壁 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
乱山れの処か残燐をす 乞ふ死是れ生真なりし 薄命紅顔の双寡婦 奇縁白髪の両新人 洞房の華燭前夢を温め 仙窟の煙霞老身を寄す 錬汞服沙一日に非ず 古木再び春に逢ふ無かる可けん
八犬伝談余 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
この家は以前土蔵をした跡へたのだが、土蔵のた頃当時の住居人女房が、良人に非常なる逆待を受け、嬰児を抱いたまま棟木に首をて、非命の最期を遂げた、その恨みが残ったと見えて
枯尾花 (新字新仮名) / 関根黙庵(著)
立去り我が家へ歸りりしこともとも成しとて夫より只管菩提らはんと思ひを供へ香をて只々一途に後生を願うて所に其夜丑刻頃と思ふ折しも表の戸を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
え、え、其爲數知れず不測して、洋中難破せる沈沒船船體海底ちて、名殘檣頭のみ波間隱見せる物凄光景ひつゝ
らふ谷間には
都喜姫 (新字旧仮名) / 蒲原有明(著)
壁と言ふよりは、壁代であつた。天井からりさげた竪薦が、幾枚も幾枚も、ちぐはぐに重つて居て、どうやら、風は防ぐやうになつて居る。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
壁上幾張人皮。梁上五七條人腿。見那兩箇公人。一顛一倒。挺著在剥人凳上