“吊下”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぶらさが37.5%
つりさ25.0%
つりさが18.8%
つるさ6.3%
つるさが6.3%
ぶらさ6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“吊下”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸11.3%
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
各自の手に一つずつ持った提燈は、宙に吊下ぶらさがっているように動くともなく動いた。
北の冬 (新字新仮名) / 小川未明(著)
由「旦那、只何うもわっしが今日驚きましたのは、のツク乗りで、何うもさかさまに紐へ吊下ぶらさがって重次郎さんがさがって参ります処には驚きました」
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
そのうちに彼女の身体を吊下つりさげている紐が切れ、下へ落ちてしまったのであろう。
鞄らしくない鞄 (新字新仮名) / 海野十三(著)
これから後、この上に吊下つりさがつてゐる。
さしあげた腕 (旧字旧仮名) / レミ・ドゥ・グルモン(著)
ところがじつさいはそこに鐘はあつたのです。春風のなかに鐘はしづかに吊下つりさがつてあつたのです。
鳥右ヱ門諸国をめぐる (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
急いでいたし、慣れていないので、何度も足をすべらして、危く、手で吊下つりさがった。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
へえ/\、なに此処こゝは別に通る人もごぜえませんけれども、梅の時分には店へ腰をかけて、草臥足くたびれあしを休める人もありますから、ちっとべえ駄菓子を置いて、草履ぞうり草鞋わらじ吊下つるさげて
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
六畳の室には電燈が吊下つるさがっていて、下の火鉢に火がさかんに起きている。
渋温泉の秋 (新字新仮名) / 小川未明(著)
支那の伍廷芳が全権公使として米国にとゞまつてゐた頃、ある日市俄古シカゴ招待せうだいせられた事があつた。伍廷芳は尻尾のやうな弁髪べんぱつを後に吊下ぶらさげながら出掛けて往つた。