“駐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とど33.7%
33.7%
とま14.7%
とどま8.4%
とゞ6.3%
とゞま2.1%
どま1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は以前とは反対に溪間を冷たく沈ませてゆく夕方を——わずかの時間しか地上にまらない黄昏の厳かなを——待つようになった。
冬の蠅 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
これなん先頃から洛陽郊外の澠池に兵馬をめたまま、何進が再三召し呼んでも動かなかった惑星の人——西涼刺史董卓であった。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
アビシニアの馬途中で騎手と離るると必ず昨夜った処へ還るとベーカーの『ゼ・ナイル・トリビュタリース・オヴ・アビシニア』
明治三十八年五月四日の午後、阿吉牛堡っていた、第×軍司令部では、午前に招魂祭を行った余興の演芸会をす事になった。
将軍 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
鞭聲の反響に、近き山の岩壁を動かして、駟馬の車を驛舍の前にむるものあり。車座の背後には、兵器を執りたる從卒數人乘りたり。
支那の伍廷芳が全権公使として米国につてゐた頃、ある日市俄古招待せられた事があつた。伍廷芳は尻尾のやうな弁髪を後に吊下げながら出掛けて往つた。
ギリシアではかかる時その人立ちりて兎を見なんだ人が来て途を横ぎるをちて初めて歩み出す(コラン・ド・ブランチー、前出)。