将軍しょうぐん
一白襷隊 明治三十七年十一月二十六日の未明だった。第×師団第×聯隊の白襷隊は、松樹山の補備砲台を奪取するために、九十三高地の北麓を出発した。 路は山陰に沿うていたから、隊形も今日は特別に、四列側面の行 …
作品に特徴的な語句
嫌疑けんぎ 繰返くりかえ 三度さんど 余裕よゆう 言下ごんか 気兼きがね 晩酌ばんしゃく 昏々こんこん 身震みぶるい 大工だいく 拍子木ひょうしぎ 怨敵おんてき 面憎つらにく 面皰にきび 退屈たいくつ 彼我ひが びょう 束髪そくはつ 黒焦くろこげ 河原かわら 大人気おとなげ 野天のでん 馬蹄ばてい 白壁しらかべ 厳粛げんしゅく 目蓋まぶた 大仰おおぎょう 皮膚ひふ 街道かいどう 満洲まんしゅう 傷痕きずあと 歩哨ほしょう とどま 剛情ごうじょう 大儀たいぎ 頬骨ほおぼね 屍骸しがい 山陰やまかげ あんず 金切声かなきりごえ 口数くちかず 欧洲おうしゅう 大川端おおかわばた 御国おくに 毬栗いがぐり 拍手はくしゅ 倉皇そうこう 狭隘きょうあい 薄闇うすやみ 逸話いつわ 鴉片あへん ぬい 猪首いくび 笑声しょうせい 醜態しゅうたい 無言むごん 上機嫌じょうきげん 合間あいま 書割かきわり 長々ながなが 憤然ふんぜん 勲章くんしょう 落語らくご 愚物ぐぶつ 白木綿しろもめん 人懐ひとなつ 長者ちょうじゃ 模範もはん 閑日月かんじつげつ 一場いちじょう 一遍いっぺん 一打ひとうち 教師きょうし 連中れんじゅう 砂埃すなほこり 土煙つちけむり 春寒しゅんかん 日本魂やまとだましい 赤裸あかはだか 強盗ごうとう 浩歎こうたん 画描えか 鍼医はりい 黒々くろぐろ 急拵きゅうごしらえ 梅花ばいか 曹長そうちょう 河合かわい 監視かんし 負惜まけおし 金鈕きんボタン 大太鼓おおだいこ 目交めくば 独白どくはく 逮捕たいほ 温厚おんこう 看客かんかく 越中褌えっちゅうふんどし 退散たいさん 榲桲マルメロ