“白壁”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらかべ95.7%
しろかべ2.1%
はくへき2.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある冬の日の暮、保吉薄汚いレストランの二階に脂臭い焼パンをっていた。彼のテエブルの前にあるのは亀裂の入った白壁だった。
保吉の手帳から (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ひたさになき二度三度、と心意氣にて、ソツと白壁黒塀についてるものを、「あいつ板附はべん」と洒落あり、洒落なるべし。
寸情風土記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
と云ふのは少し大雑把である。牛込矢来は、本郷一帯の高地にははひらない筈である。けれどもこれは、白壁微瑕を数へる為めにあげたのではない。
日本小説の支那訳 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)