保吉の手帳からやすきちのてちょうから
わん ある冬の日の暮、保吉は薄汚いレストランの二階に脂臭い焼パンを齧っていた。彼のテエブルの前にあるのは亀裂の入った白壁だった。そこにはまた斜かいに、「ホット(あたたかい)サンドウィッチもあります」と書いた、細長い紙が貼りつけてあった。(こ …
作品に特徴的な語句
さが せん うし 出入ではいり 一躍ひとおど かかわ すご たし 微笑びしょう 悪戯あくぎ いっ いまだ 幾何きか 苦笑くしょう 麦酒ビイル 下調したしら 馴染なじ そそ あお からだ うさぎ 難有ありがと くだ 画筆がひつ あいだ ひら かよ 木蘭もくれん すぐ へん 看破かんぱ 転生てんしょう ひま 日除ひよ あやまり 容易ようい 差支さしつか べん はじ 往来おうらい のち なげう いそが はじ ちぢ とびら 脂臭あぶらくさ のぞ 無理むり 煖炉だんろ 煙草たばこ 照覧しょうらん 爪革つまかわ 爾来じらい 犠牲ぎせい ねら ねこ 玄関げんかん たま 生憎あいにく 疎遠そえん くせ 白壁しらかべ 白頭はくとう 盗人ぬすびと 真似まね 眼鏡めがね 砂利じゃり 硝子ガラス 禿 算盤そろばん くそ 給金きゅうきん 綿密めんみつ 縁無ふちな みずか 荒海あらうみ みにく 面倒めんどう なび たたか 門側もんがわ かがみ ほとばし 退屈たいくつ