“看破”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みやぶ55.6%
かんぱ41.7%
あきら1.4%
みぬ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白「道徳高き名僧智識は百年先の事を看破るとの事だが、貴僧の御見識誠に恐れ入りました、きましてが済まない事が出来ました」
しかし近頃ではもうそんな真似はいたしません。天狗がどんな立派姿けていても、すぐその正体看破しています。
ど見たままで、別に烹煉を加うるということをせずに、無造作にその物その事の見解を作ッてしまうから、ら真相を看破めるというには至らずして、もすれば浅膚に陥いる。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
谷山家の内情……特に龍代の放埒の底意を、ドン底まで看破いておりましたAは、それから一か八かの芝居を巧みに打って、私を谷山家の養子にめ込んでしまうと、いい加減な口実を作って
キチガイ地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)