浮雲うきぐも
浮雲はしがき 薔薇の花は頭に咲て活人は絵となる世の中独り文章而已は黴の生えた陳奮翰の四角張りたるに頬返しを附けかね又は舌足らずの物言を学びて口に涎を流すは拙しこれはどうでも言文一途の事だと思立ては矢も楯もなく文明の風改良の熱一度に寄せ来るど …
作品に特徴的な語句
わい おッしゃ おッ あがん ややと はん 何処どち よかっ はなし ちい もてあす あがっ でて ひく ひそまッ まの とど かえん なぐ いいん むね とわ ちッ かいん ぽっぽ 交際つきやい まさり 彼方あのほう すが アタマ 全然すッかり つつ しろい せく 仰向あおむい 全然すっぱり すわっ むかっ りゅう おもた かわん すか 不可わるい あん こうぶ つま つかい ちっと おなじゅう たる 老婆ばばア あたま よく なん ざれ もっ もつ つかまつっ よい しばら おっ 彼方あッち 挙動たちふるま たち やさ ほご おつ 這入はいん こう あやうき いぶり いたわ 莞爾にッこり とおざか むずかし くい 何処いずれ たおれ あっ はずれ 待遇とりあつか ずるけ ぶり たわぶれ かぞえ あれ そい ねぶり のぞい 老爺じいさん とい ねむ
題名が同じ作品
浮雲 (新字旧仮名)林芙美子 (著)