浮雲うきぐも
浮雲はしがき 薔薇の花は頭に咲て活人は絵となる世の中独り文章而已は黴の生えた陳奮翰の四角張りたるに頬返しを附けかね又は舌足らずの物言を学びて口に涎を流すは拙しこれはどうでも言文一途の事だと思立ては矢も …
作品に特徴的な語句
稍々やや 緻密ちみつ 無駄むだ 足駄あしだ 凄味すごみ 鬱憤うっぷん 不機嫌ふきげん 反身そっくりかえ 天秤てんびん 突兀とっこつ 日数ひかず 博多はかた 忖度そんたく 人足ひとあし 櫛巻くしま きぬた 衣物きもの チン 胡麻塩ごましお 鵜呑うのみ 袖口そでぐち 音沙汰おとさた 馴々なれなれ 律義りちぎ ざか 緋縮緬ひぢりめん 臆測おくそく 先途せんど 手柄てがら 四谷よつや 胡乱うろん 半襟はんえり 手足たそく 友禅ゆうぜん 大胡坐おおあぐら 睡気ねむけ 渾身みうち 不忍しのばず 日蔭ひかげ 無沙汰ぶさた 矢立やたて 一室ひとま 屈托くったく 白湯さゆ 疳癪かんしゃく 引緊ひきし 轟然ごうぜん 他愛たわい 咳払せきばら 清楚せいそ 小舎こや 齟齬くいちが 御挨拶ごあいさつ 芥子けし 貴君あなた 臙脂べに 人影ひとかげ 向島むこうじま 愚昧ぐまい 縷々るる 足掻あが どじょう 腕車くるま 捗々はかばか 冤罪えんざい 一歩ひとあし 夢現ゆめうつつ 一本ひともと 名告なの 呑込のみこ 両人ふたり 人品じんぴん 片頬かたほ 翩翻へんぽん 見守みつ 尾籠びろう 此度こんど 眺望ながめ 蝶番ちょうつがい たの 蟄居ちっきょ 猥褻わいせつ 神保町じんぼうちょう 苦患くげん 解脱のが しめ 万更まんざら 垢抜あかぬ 木目もくめ 比喩たとえ 瓜実顔うりざねがお ばく 隅々すみずみ 真平まっぴら 薬鑵やかん 山茶花さざんか 蕭条しょうじょう 太息たいそく
題名が同じ作品
浮雲 (新字旧仮名)林芙美子 (著)