“注”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
60.5%
そそ17.3%
9.7%
そゝ4.7%
1.1%
ちゅう1.1%
つい0.6%
0.5%
つぎ0.5%
ちゆう0.3%
すす0.3%
ちう0.3%
つけ0.3%
あつま0.2%
0.2%
あつ0.2%
0.2%
かゝ0.2%
しる0.2%
すゝ0.2%
すゝぎ0.2%
そそが0.2%
そゝぎ0.2%
つが0.2%
つく0.2%
とど0.2%
シル0.2%
スヽ0.2%
チユウ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして淡巴菰の火が消えているのに気がいたようにして、足許の燃えさしに吸いつけてむ。村の男はそのさまをじろじろと見る。
たまたま燻製屋台へ買いに来た金博士の若いお手伝いの鉛華をルス嬢が勘のいいところで発見、そこへベラントが特技をぎ込んで
別に例の通りバターでメリケン粉をいためて牛乳五と今の湯煮汁五勺とをして塩胡椒で味をつけてドロドロした掛汁えます。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
夫婦はこれに刎起きたが、左右から民子つて、三人ぐと、小暗つたのは、ものかこれなのである。
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
ざぶり水をけながら、見るともなしに、小窓の格子から田圃を見ると、月はの棟に上ったろう、影は見えぬが青田の白さ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
店の奥から我慢のならぬを入れたのは、年上らしい女房のお秋でした。これは頑強で、真っ黒で、牝牛のような感じの女です。
その汁でメリケン粉一杯をいためて赤葡萄酒加減でその中へ今のいためた鰻を入て塩胡椒で味をつけて一時間位のです。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
孫はそれを見てもし自分が鸚鵡になることができたなら、飛んで女の室へ往けるのだと思った。そして心をそれにめていた。
阿宝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
「それで帰らうと云ふんだな、帰り給へ。」と置きのビールを一息に呷つて、「君は帰る家があるから好い。僕は無い。」と唇に流れるを平手でペツと拭いた。
茗荷畠 (新字旧仮名) / 真山青果(著)
りえてよみしに、○塔不剌とありてに○○油○より或は雞○をいれ、慢火にて養熟とあり。
落したのか、紙入というものを持合さず、水をごうとして干杓を取ると
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あひなるべくは多治見へのして、陶器製造模樣までで、滯在くとも一週間旅費として、一人前二十五兩におよばず、もちたつた一切づゝ。
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
御小刀の跡う梅桜、花弁一片せじと大事にして、昼は御恩賜しかざせば我為の玉の冠、かりそめの立居にもるを
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
殿下は知事の御案内で御仮屋へ召させられ、大佐の物申上る度に微笑させられるのでした。群集の視線はいずれも殿下にる。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
主婦さんは例の冷し藥の土鍋に藥をけるらしく
赤い鳥 (旧字旧仮名) / 鈴木三重吉(著)
常に人世の境域にのみ心をめ、社界を改良すと曰ひ、国家の福利を増すと曰ひ、民衆の意向を率ゆと曰ひ、尨雑なる目的と希望の中に働らきつゝあり。
国民と思想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
平岡は巻莨に火をけた。其時婆さんが漸く急須に茶をれて持つて出た。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
し血がりてらは而已ならず或は又はなどへもるべきに何ぞばかりに引べきや此儀合點ずシテ其猿島川より寶田村迄道程何程有やと聞るゝに伊藤卅町程の道程なりとふれば大岡殿道程の有所にて人を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ここを以ちて今或るは一句の中に、音と訓とを交へ用ゐ、或るは一事の内に、全く訓を以ちてしぬ。すなはち辭理の見えきは、注を以ちて明にし、意況の解き易きは更にさず
盡し神佛へも祈りしかど其てなく後には半身叶はず腰も立ねば三度のさへ人手をるほどなれどもお菊は少しも怠らず晝は終日賃仕事或ひは洗濯
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
見返らぬとは鳥獸にりし親でもなし子でもなし見下果たる人非人切齒をなせども又外にべき樣も有ざれば家財雜具を人手に渡し其身は嫁と諸共に淺草諏訪町にて裏店を借請洗濯賃仕事
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
に乗せられて貫一は思はずると盈々れて、下にも置れず一口附くるを見たる満枝が歓喜
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
纒ひて其げなれども昔し由緒ある者なるか擧動艷麗にて縁側へ出擂盆の手水鉢より水をすくひ手にしは縁の男は手をば洗ひながら見れば娘はなる美女にて有れば是までは女を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
二抱へもある赤松の、幹両股になりたる処に、一匹の黒猿昇りゐて、左手に黒木の弓を持ち、右手に青竹の矢を採りて、なほ二の矢をへんとせしが。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
胸痛きまでの悲しさ我事のように鼻詰らせながら亭主に礼いておのが部屋れば、気がは床の間に二タ箱買ったる花漬脱ぎかえてりと横になり
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
トいいさして文三は顔に手をてて黙ッてしまう。めてく見れば、壁に写ッた影法師が、慄然とばかり震えている。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
軍奉行、長崎四郎左衛門ノ、実検シケルニ、執筆十二人ニテ、昼夜三日ノ間モ、筆ヲカズ、死者ノ名ヲセリトゾ
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
さてわれらこの日より星をぎて乳汁色
詩語としての日本語 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
折ふし——降参ノ輩、スルニアラズ——の状だったが、親光といえば、東北の大族結城宗広の子である。またとない者だ。尊氏はすぐ大友にれてまいるようにと、いいつけた。
私本太平記:10 風花帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)