“右手”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めて83.4%
みぎて12.3%
ゆんで1.2%
みぎ1.2%
めで0.6%
うしゆ0.6%
こっち0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
総裁宮以下の諸官に一礼した箕浦は、世話役の出す白木の四方を引き寄せて、短刀を右手に取った。忽ち雷のような声が響き渡った。
堺事件 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
東海道線して鐵道線路右手臺地がそれで、大井踏切からけば、鐵道官舍から畑中るのである。
『これが、秘密製造しつゝある、海底戰鬪艇です。』と、櫻木海軍大佐ろに右手げて、船體した。
仰向の男は、空一面に彌漫つて動かぬ灰雲の真中を、黙つてめて居る。螽の如く蹲んだ男は、平たい顔を俯向けて、右手食指で砂の上に字を書いて居る——「忠志」と書いて居る。
漂泊 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
武器をばわがベリサルに委ねたりしに、天の右手彼に結ばりて、わが休むべき休徴となりき 二五—二七
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
はうともしないが火鉢にどさりとつたりの有相容子をしては右手さしけてぎつとつた煙管んでた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
駕「何処だか少しも見当が付きませんが、おい/\、先刻左に見えた土手の燈火が、此度右手に見える様になった、おや/\右の方の森が左になったが、そうすると突当りが山谷の燈火か」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)