“めて”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
右手96.4%
馬手2.1%
右掌0.7%
0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
を斬ると編笠の侍は、右手の鉄扇に力をくれて、旅川周馬の顔をハタキつけた。こうなっては孫兵衛も、大事をとっていられない。
鳴門秘帖:02 江戸の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
太郎太刀を「薙刀の如く」ふりかざし、馬手弓手当るを幸いに薙ぎ伏せ斬り伏せ、ざま横ざま、十文字に馳通り、向う者のの真向、の袖、微塵になれやと斬って廻れば、流石の徳川勢も
姉川合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
突如、き手は来つて梅子の右掌と握れり、彼女は総身の熱血、一時に沸騰すると覚えて、恐ろしきまでに戦慄せり、額を上ぐれば、篠田の両眼は日の如く輝きて直ぐ前にれり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
塵居御影古渡りの御經文字しれて
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)