“兜”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かぶと99.2%
キャスケ0.4%
ヘルメット0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのうち、水底にもぐつてゐたお父さんが真珠貝をとつて、つて来ました。潜水をまづぬぐと、すぐ大きな亀に目をつけました。
動く海底 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
これもまた髪をり、丹念に爪を磨き、キャロン会社製造の「謝肉祭の夜」という香水をさえ下着に振りいたのは、その昔、東邦の騎士に香を焚きしめたという故事もあり
三十ぐらいの海底なら裸潜水で楽にやる。潜水服はつとに英国シーベ会社の式潜水器が輸入され、日本でも和製のものが明治五年にはすでに月島の民間会社で製造されていたのである。