“兜帽”の読み方と例文
読み方割合
かぶとぼう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
再び小銃に弾をこめたジャン・ヴァルジャンは、その将校をもねらい、その兜帽を兵士の兜帽と同じ所に打ち落とした。将校もたまらずにすぐ退いてしまった。
ある夏ロンドンで珍らしい暑い日があった。兜帽を冠った消防夫に列んで子供が頭から水管の水をかけて貰っていたのはやっぱり斯ういう建壊しのあとの空地だった。
豆腐買い (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
若い娘のような、腕にかかえた剣、蝋油をぬった口髭ぬりの兜帽、それにまた、金髪、大きな青い目、得意げな傲慢なきれいな丸い顔つきで、マリユスとはまったく反対だった。