レ・ミゼラブル08 第五部 ジャン・ヴァルジャン08 だいごぶ ジャン・ヴァルジャン
社会の病根を観察する者がまずあげ得る最も顕著な二つの防寨は、本書の事件と同時代のものではない。その二つの防寨は、異なった二つの局面においていずれも恐るべき情況を象徴するものであって、有史以来の最も大な …
作品に特徴的な語句
愚弄ぐろう 紫檀したん 燭台しょくだい 牡蠣かき たが にれ 坩堝るつぼ 断乎だんこ 金槌かなづち もも 嗅覚きゅうかく 山羊やぎ くさび 混沌こんとん 峻厳しゅんげん 板塀いたべい 喊声かんせい 塹壕ざんごう 飢饉ききん 茫漠ぼうばく 藍色あいいろ 巍然ぎぜん 凄惨せいさん 緑青ろくしょう 息吹いぶき 白髯はくぜん 頑是がんぜ 些事さじ 絨毯じゅうたん 小唄こうた 経帷子きょうかたびら 轟然ごうぜん 拳骨げんこつ 杜鵑ほととぎす 闇夜やみよ 愚昧ぐまい 閃光せんこう 芥子からし 怯懦きょうだ 捏造ねつぞう 燐光りんこう 狙撃そげき 眼差まなざし ふるい 欺瞞ぎまん 寒気さむけ 放恣ほうし 残骸ざんがい 唾液だえき 畸形きけい 昏迷こんめい 好々爺こうこうや 比喩ひゆ 瞥見べっけん 陥穽かんせい 誹謗ひぼう あがな 渾沌こんとん しゃく 覚醒めざめ 咆哮ほうこう 天蓋てんがい 瞑想めいそう 什器じゅうき 波濤はとう 片言かたこと 篠懸すずかけ 紊乱びんらん とりこ 血痕けっこん 面当つらあて ひわ 起臥きが くるぶし きび 下賤げせん 巡邏じゅんら 火蓋ひぶた 煎薬せんやく 長靴ながぐつ 屑屋くずや 瞳孔どうこう 偵察ていさつ 広漠こうばく 酩酊めいてい いぼ 寡婦やもめ 哨兵しょうへい 沈鬱ちんうつ 燕麦えんばく 片肱かたひじ 靴下くつした もち 独身者ひとりもの ひいらぎ 烙印らくいん 追剥おいはぎ わに
題名が同じ作品
レ・ミゼラブル:01 序 (新字新仮名)豊島与志雄 (著)
レ・ミゼラブル:03 序 (新字新仮名)ヴィクトル・ユゴー (著)