“素馨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そけい62.5%
ジエルソミノ6.3%
ジャサント6.3%
ジャスミン6.3%
ジヤスミン6.3%
ジヤズミン6.3%
スウヒイエン6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われ茉莉素馨の花と而してこの来青花に対すれば先考日夜愛読せし所の中華の詩歌楽府艶史のを想起せずんばあらざるなり。
来青花 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
御内室、今年のお馬車の標題は何と申しますネ。〽はい、「天国の夢」と申します。素馨の天使にリラの竪琴を飾るつもりでございますヨ。
春の来去は適当な順序でなされていた。ライラックの花は終わりに近づき、素馨の花は咲きそめていた。ある花が遅れていると、その代わりにある昆虫が早めに出ていた。
墓の石畳の上にも点々と桃色の花が落ちてゐた。何処からか強い甘い匂の漂つて来るのは、多分この裏にでも印度素馨が植わつてゐるのだらう。
夾竹桃の家の女 (新字旧仮名) / 中島敦(著)
野薔薇や青萵素馨石竹、薔薇などはもうずつと前から夕の香の供物を捧げてゐた。
また、そんなにしい色をしていない代りに、い重苦しくなるほど劇しいを持った花もどっさりある——茉莉だとか、鷹爪花だとか、素馨だとか。
蝗の大旅行 (新字新仮名) / 佐藤春夫(著)