“素馨”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そけい62.5%
ジエルソミノ6.3%
ジャサント6.3%
ジャスミン6.3%
ジヤスミン6.3%
ジヤズミン6.3%
スウヒイエン6.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
われ茉莉まつり素馨そけいの花と而してこの来青花に対すればかならず先考日夜愛読せし所の中華の詩歌楽府がくふ艶史のたぐひを想起せずんばあらざるなり。
来青花 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
彼は河に添うて、緑草に蔽われた障壁のそばを歩いて行って、素馨そけいの叢で半円形に囲まれたベンチの上に、腰をおろした。
忍冬すひかづら素馨そけい濱萵苣はまさじまよはしの足りないほかの花よりも、おまへたちのはうが、わたしはすきだ。ほろんだ花よ、むかしの花よ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
素馨ジエルソミノ、海のあなたに
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ライラックの花は終わりに近づき、素馨ジャスミンの花は咲きそめていた。
何処からか強い甘い匂の漂つて来るのは、多分この裏にでも印度素馨ジヤスミンが植わつてゐるのだらう。
夾竹桃の家の女 (新字旧仮名) / 中島敦(著)
野薔薇や青萵かはらにんじん素馨ジヤズミン石竹せきちく、薔薇などはもうずつと前から夕の香の供物を捧げてゐた。
また、そんなにはげしい色をしていない代りに、あまい重苦しくなるほど劇しいにおいを持った花もどっさりある——茉莉パクリだとか、鷹爪花キエヌニアンホアだとか、素馨スウヒイエンだとか。
蝗の大旅行 (新字新仮名) / 佐藤春夫(著)