邪宗門じゃしゅうもん
父上に献ぐ 父上、父上ははじめ望み給はざりしかども、児は遂にその生れたるところにあこがれて、わかき日をかくは歌ひつづけ候ひぬ。もはやもはや咎め給はざるべし。 邪宗門扉銘 ここ過ぎて曲節の悩みのむれに、 …
作品に特徴的な語句
びん 稲妻いなづま 通夜つや 棕櫚しゆろ 素足すあし 裏店うらだな にれ 溝板どぶいた ふか 凋落てうらく 夕闇ゆふやみ あま しば 庫裏くり かけひ さか なだ 看板かんばん 裳裾もすそ をり 追分おひわけ こて 路次ろじ くす かめ 生血なまち 伽羅きやら 山々やまやま 外道げだう 丑満うしみつ 向日葵ひぐるま とろ 仁王にわう 焼酎せうちう 電車でんしや ふる 三人みたり 千々ちぢ 磨硝子すりがらす せり 片手かたて 伴天連ばてれん 拍子木へうしぎ 沙門しやもん 片頬かたほ かなかな 畏怖おそれ 遠音とほね 夕日ゆふひ 苦患くげん 香炉かうろ 氷雨ひさめ 皐月さつき 苦痛くるしみ 後姿うしろで さき 焜炉こんろ 野辺のべ 足音あしおと 朧月ろうげつ あぶら 入日いりひ 婆羅門ばらもん 横浜はま 灰色はひいろ 見入みい 見据みす 一群ひとむれ 北国きたぐに おそ かし 魔法まはふ ぬま 鵞鳥がてう 南蛮なんばん 山間やまあひ 悶々もんもん 断末魔だんまつま 七日しちにち 上人しやうにん 狂気きやうき わに 内心ないしん 骨髄こつずゐ 御寺みてら 干乾ひから せう 水上みなかみ 戸口とぐち 柑子かうじ 氷室ひむろ 波間なみま とろ 落葉らくえふ 豊国とよくに 雲間くもま
題名が同じ作品
邪宗門 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)