邪宗門じゃしゅうもん
父上に献ぐ 父上、父上ははじめ望み給はざりしかども、児は遂にその生れたるところにあこがれて、わかき日をかくは歌ひつづけ候ひぬ。もはやもはや咎め給はざるべし。 邪宗門扉銘 ここ過ぎて曲節の悩みのむれに、 ここ過ぎて官能の愉楽のそのに、 ここ過 …
作品に特徴的な語句
おづ みまし 冷笑ひやわらひ 戦慄をのゝき うまれ たは 動揺どうえう なだ かたみ あふ こな ふるひ 空腹ひだるげ りも きは くる しやう えう なよび おぢ くゆり はて 驟雨しゆうう 戦慄をののき たゝかひ しれ 白楊やまならし 御母みはは をみな もの はて 寂寥さみしら かが 亭主つれあひ したたり せい をぢ がき サンタ はか はふ はや しりへ すべ よべ しひたげ 白楊ぽぴゆら たら おど くら 眩暈めくる ふし しゆう 水底みそこ 接吻くちつけ おば をのの にば 脅迫おびやかし かたへ くづ 女神ぢよじん うづく めぐ をのゝ 面帕ぎぬ かう しゆ なす 微笑ほほゑ 曲節メロデア 現象きざし 小舟をふね 揺曳ゆらひ 仰向あふの わなゝ きよく 手触てさはり 幻想イリユウジヨン 穹窿ああち しよく 馬車ぐるま なみ 静寂せいじやく 微妙いみ こご
題名が同じ作品
邪宗門 (新字新仮名)芥川竜之介 (著)