“驟雨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゅうう71.8%
ゆうだち8.1%
しうう4.8%
にわかあめ2.4%
にはかあめ2.4%
ゆふだち2.4%
シャワー1.6%
スコール1.6%
オラアジユ0.8%
カダチ0.8%
あめ0.8%
しゆうう0.8%
とおりあめ0.8%
ラオアジユ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明日にもなれば、またはもう一時間もすれば、驟雨が襲うかも知れないし、それからまた続いて何度もやって来るかも知れなかった。
大声嘈々驟雨の井をにするごとく、小声切々時雨の落葉を打つがごとく、とうとう一の小河を成して現存すとは、天晴な吹きぶりじゃ。
驟雨いて力車に乗り市内を見物して廻つたが、椰子は勿論、大きな榕樹、菩提樹、パパイヤ爪哇竹などの多いのが眼に附く。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
此時今迄晴朗であつた大空は、る/\西からつてて、熱帶地方有名驟雨が、車軸すやうにつてた。
驟雨のあひだ隙つぶしに踊り子のところに上りこんでゐたら、ヹニユストルの衣裳図案を描いてくれと頼まれた。
土間はしめつて、鍛冶屋驟雨豆府屋煤拂をするやうな、しくく、しいのもくない。
飯坂ゆき (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「むむ、今夜も驟雨かな。」と、丸山も空を見た。「しかし大したことはありませんよ。大抵一時間か二時間で晴れますよ。」
麻畑の一夜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
この土地常例の驟雨があって後、夕方間近くなって、男は私だけに向って
河明り (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
生かされてればしき心得ぬすさみし過去のわれに驟雨降る
遺愛集:02 遺愛集 (新字新仮名) / 島秋人(著)
そのころの日和癖になっている驟雨がまた来そうであった。
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)