河明りかわあかり
私が、いま書き続けている物語の中の主要人物の娘の性格に、何か物足りないものがあるので、これはいっそのこと環境を移して、雰囲気でも変えたらと思いつくと、大川の満ち干の潮がひたひたと窓近く感じられる河沿いの家を、私の心は頻りに望んで来るのであっ …
作品に特徴的な語句
くだ ほご はぐ まぶし 驟雨スコール 小刀メス かが おっしゃ 可愛かわ おも 足掻あしが 榕樹ガジマル 雛妓しゃく つつま 玩具がんぐ ひか いや くすぶ しっか つぶし やわら うつろ はし 水竿みずざお まつ 緋縅ひおど ただし めあ よろこ 孩児あかご 朝餐ちょうさん あらた 青山せいざん ひろ はじ ふせ めぐ 庖丁ぼうちょう はさ うつろ 執拗しつこ なま ふさが おと あか ただ なじ ゆる ばか むしろ わか たず 言伝ことづ うかが 見惚みほ やす はか めぐ 引切ひっきり いたずら むご 緑水りょくすい うなず しば うらやま 木履ぽっくり 美味おい こん 纏縛てんぱく つなが あゆ ましら 爪哇ジャバ 相応ふさ つい 紅殻べんがら