河明りかわあかり
私が、いま書き続けている物語の中の主要人物の娘の性格に、何か物足りないものがあるので、これはいっそのこと環境を移して、雰囲気でも変えたらと思いつくと、大川の満ち干の潮がひたひたと窓近く感じられる河沿い …
作品に特徴的な語句
紫檀したん 棕櫚しゅろ 気儘きまま もと トン なみ 父娘おやこ 蔓草つるくさ 飛白かすり 井桁いげた 嗅覚きゅうかく 香港ホンコン 吾妻橋あずまばし 編輯へんしゅう 捗取はかど はく 護謨ゴム 整頓せいとん 権柄けんぺい 手蔓てづる すし 枇杷びわ 茫漠ぼうばく 屈托くったく 灰汁あく 癇癖かんぺき すずき 硝子窓ガラスまど 小皺こじわ 足掻あしが 顫動せんどう 尾籠びろう 歪曲わいきょく 婉曲えんきょく 見詰みつ 暴戻ぼうれい 燦々さんさん 焦立いらだ 手持無沙汰てもちぶさた 緒口いとぐち 饑饉ききん 諒解りょうかい 天蓋てんがい 為替かわせ 見廻みまわ 木霊こだま 爪立つまだ 尚更なおさら 潺湲せんかん 灼熱しゃくねつ 気紛きまぐ 溺愛できあい 悵然ちょうぜん 瞳孔どうこう 逼塞ひっそく 干瓢かんぴょう 捕捉ほそく 日除ひよ 出遇であ わに 歯朶しだ 琅玕ろうかん 大仰おおぎょう 蜃気楼しんきろう 佃島つくだじま 巻煙草まきたばこ 不忍池しのばずのいけ 裾模様すそもよう 豊饒ほうじょう 闊達かったつ 殷賑いんしん 参差しんし 炯々けいけい 可哀想かわいそう 崖下がけした 蓑笠みのかさ 絨氈じゅうたん 飛鳥あすか 含嗽うがい 隈取くまど 歌留多カルタ 殷々いんいん 馴致じゅんち 伝馬船てんません 蠱惑的こわくてき 鬱然うつぜん 緋縅ひおど 障碍しょうがい 生姜しょうが 引籠ひきこも 煤煙ばいえん 朝餐ちょうさん 巻莨まきたばこ 堆朱ついしゅ 荷足にた 舷側げんそく 嫌厭けんえん