“鋏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はさみ94.0%
ばさみ2.4%
はさ2.4%
やつとこ0.8%
やっとこ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
改札孫の柴田貞吉は一昼夜の勤務から解かれて交代の者にを渡した。朝の八時だった。彼は線路いに信号所の横を自宅へ急いだ。
汽笛 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
彼は松にみついて居るあの藤の太い蔓を、根元から、桑剪で一息に断ち切つた。彼は案外自分にも力があると思つた。
弥兵衛は又、植木鋏を持って、ぱちぱちと、土用茂りの庭木をんでいた。その姿も、復讐を一念にしている人とは受けとれなかった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
」(Les Tenailles)を発表して一躍劇壇の注目を惹いたポオル・エルヴィユウ(Paul Hervieu)は
ポオル・エルヴィユウ (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
あっちへを当ててみたり、こっちへ当てがってみたり、しばしが程は函の廻りをグルグルと歩き廻っていたが、どこをどうして捩じあけたものか、これもまた入神の臂力を出して
ウニデス潮流の彼方 (新字新仮名) / 橘外男(著)