新編忠臣蔵しんぺんちゅうしんぐら
春の生理をみなぎらした川筋の満潮が、石垣の蠣の一つ一つへ、ひたひたと接吻に似た音をひそめている。鉄砲洲築地の浅野家の上屋敷は、ぐるりと川に添っていた。ゆるい一風ごとに、塀の紅梅や柳をこえて、大川口の海の香は、銀襖や絵襖などの、間毎間毎まで、 …
作品に特徴的な語句
コトバ にな 女房ばば なか 交際つき マット あが ウシノ べし ひとり あい アリ もの そち めぐ はざま ぼう じっ かが ひら 彼方かしこ ウチ キワ オヨビ ふして せい やき 黄金はな べく おや こと ツト いじ 生活いとなみ うずま おの あじお せい わざわい こわ きょう めま ウラミ えん しょう そら てめえ うち もの ぼん しっぽ ヒトリ りょ わず ぶっ しりえ あか 汝等ことら うま 良人ひと 実家やど ふくろ あか ちが きつ うつ おろ 白布さらし 退 つくる