“疑”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うたが37.4%
うたがい29.9%
うたぐ19.3%
うたがひ8.6%
うた2.3%
うたがは0.3%
あや0.3%
うたがっ0.3%
うたがふ0.3%
うたがわ0.3%
うたげ0.3%
0.3%
じっ0.3%
ウタガ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どるめんといふも、といふ意味言葉であります。このてーぶるの人間つたので、これはひもなくであります。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
われらのいはゆる理窟に、理窟なりや否やのありとの事なれども、理窟なりや否やは知識上の事なれば疑問となるまでの価値なし。
人々に答ふ (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
「いつの間にか君の方が正直な人間になつてしまつたな。俺は、君の悪影響を蒙つて他人の言葉をるといふを知つてしまつた!」
夏ちかきころ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
「その殺された甚助の後を追つて、出て行つたお前さんにもが掛からずには濟むまい。もう少し前後の樣子を話して貰へまいか」
開かんとす此旨一同心得よと宣告さるゝに此方の者は思ひ依ざる人殺しもがひ居たりしに元益親子は進み出庄兵衞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
罪せずんや罪のしきは輕くの疑しきは重くすと是賞を重んじ罪をくする事の理なり其方共が吟味は定めて九助の衣類のたると鼻紙入の落てありしとを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
深い眼睫の奥から、ヴィーナスはけるばかりに見詰められている。やかなる石膏の暖まるほど、乳首の、呼吸につれて、かすかに動くかとしまるるほど、女はらしている。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
所が清水はドウも怖くてわれない、不意と捕まえられて首をられるのではなかろうかとて真実がかれない。一応は知らぬと答えたれども、薩摩の方では中々て居る様子。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
そ女性の及ぼす勢力はいつの時代にも侮るべからざるものなり、別して所謂紳士風なる者を形成するには、偉大なる勢力ある事べからず。
徳川氏時代の平民的理想 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
御常は昔からの女であった。今見る御常も依然として肥っていた。どっちかというと、昔よりも今の方がかえって肥っていはしまいかとれる位であった。
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「そんならいってえ、何を証拠に、お藤さんにえをかけたんですい?」
さればと謂ツて、ナンセンスといふ方では無い。相に苦勞もあれば、また女性のれぬ苦勞性のもある。無垢か何うか、其れは假りに問として置くとして、左程濁つた女で無いのは確だ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
無人はきびしい眼光をと安兵衛の顔に射向けた。満々たる不平が、すこし茶いろなの底から燃えている。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
コレラ一万正直、シカモ、バカ、ウコトサエラヌシキ、キミヲ畏敬シ、キミノ五百枚精進ユルガキ、ハネキテ、兵古帯ズルズルキズリナガラ書店ケツケ
創生記 (新字新仮名) / 太宰治(著)