“石膏”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せっこう93.8%
せきかう6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神山さんが、美術室へはいってみると、部屋のすみに立ててあったアドニスの石膏像が、まっぷたつにわれて、ころがっていたのです。
奇面城の秘密 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
「やあ、しめたしめた」三吉は用意の石膏をとかして、手早くその靴の形を写しとった。それは真白の靴の底だけのようなものだった。
地中魔 (新字新仮名) / 海野十三(著)
白い仕事着を着た鬚のある、年若な、面長な顔の弟子らしい人と男達の話して居る間に、自分は真中に置かれた出来上らない大きい女の石膏像を見て居た。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
モデル臺、石膏胸像、それから佛蘭西象徴派の名畫が一と、伊太利のローマンス派の古畫摸寫したのが三枚、それがれも金縁になつて南側の壁間光彩を放つてゐる。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)