“頤”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あご70.0%
おとがい20.5%
おとがひ5.4%
あぎと3.0%
これ0.4%
おとがへ0.2%
くび0.2%
をとがひ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると、巡査は癪にさはつたやうに、「おい、おい」とを振つて注意し、——「そら、病院のや、いれとけ、いれとけ」と叱つた。
釜ヶ崎 (新字旧仮名) / 武田麟太郎(著)
鼻からまで、馬づらにだぶだぶした、口の長い、顔の大きな、は四尺にも足りぬ小さな神官でござりましたそうな。ええ、夫人
わか紫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
我見しにひとりより人の放屁する處までたちわられし者ありき、中板または端板を失へる樽のやぶれもげにこれに及ばじ 二二—二四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
日蔭の身に離されぬ面隠しの笠を眉深にして、の紐を結びながら、今、神田濠の茶屋をスタスタ出て行ったのは大月玄蕃だった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
れから寝ようと思って雨戸を締めようという所へ、土手の生垣を破って出たのは土手の甚藏、頭脳は破れて眉間からへ掛けて血は流れ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
鹽原君大得意の能弁を以て落語二席をす、なる人のき、く当日の疲労寒気とをれしむ、其中にもに山間に生活する人夫輩に至りては、都会に出でたるの
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
文久慶応の頃は人心の殺伐な時で、辻斬がしばしば行われた。源三郎は或夜御成道で何者にかを斬られた。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
だつて、眼鏡かうとして、蝙蝠傘へて、うつむいたとふと、ほら/\、帽子いて、重量して、てるうちにすつぼり、さるんだもの。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)