“おとがい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
87.0%
5.6%
2.8%
1.9%
下顎0.9%
0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神像のような口と、——その色合が純然たる暗褐色から濃いきらきらした黒玉色へ変る、異様な、烈しい、な、いのある
それが亭主の厨子野耕介という男らしいのである。肉の薄い、そして粘土のような青い顔には研師のようなするどさも見えない。月代からまでは、怖ろしく長い顔に見えた。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
千早振神無月ももはや跡二日余波となッた二十八日の午後三時頃に、神田見附の内より、塗渡、散る蜘蛛の子とうようよぞよぞよ沸出でて来るのは、れもを気にしう方々。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
小供の一人、「紀州紀州」と呼びしが振向きもせで行過ぎんとす。うち見には十五六と思わる、なす頭髪はい、顔の長きが上に頬肉こけたればの骨れり。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
顔をあげて拝むような目付をしたその男の有様は、と見ると、体躯の割に頭の大きな、下顎の円く長い、何となく人の好さそうな人物。
朝飯 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
彼は彼女のふっくらとしたと房々とした髪とを見た。
囚われ (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
それからヒョイとをしゃくった。「よし来た、それじゃァ解いてみせよう!」
染吉の朱盆 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)