“頣”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あご33.3%
おとがい33.3%
おとがひ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“頣”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あごが円くて頬がふくよかでやはり女のそれのようであった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
孝太郎は暫くしてから座を立った。そして台所の方から出て来る富子に出逢った。彼は彼女のふっくらとしたおとがいと房々とした髪とを見た。
囚われ (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
さら松野まつのためおとがひしばらくはたらかせぬ、さればこそくれやすき、秋日あきのひ短時間たんじかん
たま襻 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)