“あご”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:アゴ
語句割合
50.2%
27.6%
10.2%
8.6%
1.3%
0.5%
0.5%
英虞0.3%
網子0.2%
足越0.2%
0.2%
吾子0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その中でも、敵の珍しい紋所と、父が敵の右に与えてあるはずの無念の傷跡とが、目ぼしい証拠として、彼の念頭を離れなかった。
仇討三態 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
此上甲子太郎のを取つたところで、大した收獲がありさうもないと見ると、平次は番頭の吉兵衞を呼んで、家中を案内させました。
鼻の外見的な恰好は純然たる希臘型で、頬からへかけての抛物線と、小さな薄い唇が、ハッキリと波打っている恰好を見ますると
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それで暫らく二人の無邪気な会話は途切れたが、着物を畳んでいるお君の手は休まない。米友は両手でを押えて下を向いていたが
すこし落着きかけた婆さんの歯抜けが又もガタガタ言い出した。それに連れて和尚の顔色がバッタリと暗くなった。
彼女らは黒い着物をつけて、胸当てをしているが、その胸は聖ベネディクトの特別な命によって、の所まで上せてある。
『大智度論』には〈如意珠仏舎利よりづ、もし法没尽する時、諸舎利、皆変じて如意珠とる〉。『類函』三六四、〈『潜確類書』に曰く竜珠にあり蛇珠口にあり〉。
英虞船乗りすらむをとめ珠裳つらむか 〔巻一・四〇〕 柿本人麿
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
大宮の内まで聞ゆ網引すと網子ととのふる海人の呼び聲 長奧麻呂
愛国百人一首評釈 (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
出口の腰障子につかまつて、敷居を足越さうとした奈々子も、振返りさまに兩親を見てにつこり笑つた。自分は其儘外へ出る。
奈々子 (旧字旧仮名) / 伊藤左千夫(著)
前へ立った漁夫の肩が、石段を一歩出て、のが脚を上げ、真中の大魚のが、端をじっているその変な小男の、段の高さとおなじ処へ、生々と出て、横面の血で縫おうとした。
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
へる』は此處では、萬葉集卷十九の、『大船に眞楫しじ貫きこの吾子を韓國へ遣るたち』の例と同じく、『齋ひりて平安にあらしめ給へ神だちよ』(古義)といふ意味である。
愛国歌小観 (旧字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
ボッとあけられている唇の形はまるで女のそれのように、愛らしくて優しかった。が円くて頬がふくよかでやはり女のそれのようであった。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
テッフェ河汀で小児が遊び居る所へアナコンダが潜み来て巻き付いて動き得ざらしめその父児のくを聞きて走り寄り、奮って蛇の頭を執らえ両き裂いたと言う。