貝の穴に河童の居る事かいのあなにかっぱのいること
雨を含んだ風がさっと吹いて、磯の香が満ちている——今日は二時頃から、ずッぷりと、一降り降ったあとだから、この雲の累った空合では、季節で蒸暑かりそうな処を、身に沁みるほどに薄寒い。…… 木の葉をこぼれる …
作品に特徴的な語句
薩摩さつま いそ 浅葱あさぎ 諏訪すわ ふか 博多はかた なみ 撞木しゅもく 午頃ひるごろ 紺絣こんがすり 御幣ごへい 蓮華れんげ まつげ 禰宜ねぎ 栄螺さざえ 灰汁あく 駒下駄こまげた 御手みて 同時いっとき 森々しんしん ともえ 直垂ひたたれ 神楽かぐら どじょう 麦藁帽むぎわらぼう さめ 円髷まるまげ 注連しめ 鬼子母神きしもじん むぐら 怨霊おんりょう 谿たに 蒼黒あおぐろ 黒檀こくたん 仄暗ほのくら 譬喩たとえ 握拳にぎりこぶし 風説うわさ きのこ 糠雨ぬかあめ 野茨のばら すそ 大釜おおがま 如意にょい 苦艱くげん 洋杖ステッキ 日南ひなた 雑司ぞうし 鮟鱇あんこう 剥出むきだ 青苔あおごけ 縦横たてよこ 一閃いっせん 国境くにざかい 山裾やますそ 破鐘われがね 草摺くさずり 一雫ひとしずく 欠片かけら 田畝たんぼ 御影みえい 仄明ほのあか たつみ 白脛しらはぎ あご 凸凹でこぼこ 青芒あおすすき 逢魔おうま 向脛むこうずね 掻合かきあ かれい 山懐やまふところ 隠家かくれが 劫火ごうか ろう 立女形たておやま 現世うつしよ 壮佼わかもの 拍手かしわで 任侠にんきょう 水田みずた 気絶ひきつけ 水底みなそこ なな 両膝もろひざ 啾々しゅうしゅう 岨道そばみち 常盤木ときわぎ 禁厭まじない 空合そらあい ふね 御社おやしろ 鋤鍬すきくわ 交叉こうさ 敵打かたきうち めかち 横面よこづら 薄明うすあかる 食卓ちゃぶだい