貝の穴に河童の居る事かいのあなにかっぱのいること
雨を含んだ風がさっと吹いて、磯の香が満ちている——今日は二時頃から、ずッぷりと、一降り降ったあとだから、この雲の累った空合では、季節で蒸暑かりそうな処を、身に沁みるほどに薄寒い。…… 木の葉をこぼれる雫も冷い。……糠雨がまだ降っていようも知 …
作品に特徴的な語句
ちゃっ ちっこ あに でっ わざ めかち さそい つぐの たた 退しさ すずし おど 御供ごく はッ うららか じじ ふさ むら かえ しゃ おら わらい ひと なり いわ ことば おおき あつま 薄明うすあかる めえ むき 同時いっとき こうべ よう えり とお さかさ ぢか ろう なり うしろ よそおい ふっさ 地摺じずれ 斧鉞おのまさかり 吸盤すいつき あらた 可恐こわ かず 棒切ぼうぎれ 南瓜とうなす とび えら たわ 食卓ちゃぶだい 氾濫あふ 疣々えぼえぼ くう あぜ あご くれない 侏儒いっすんぼうし かさな 滑稽おどけ ながれ まなこ 石造いしづくり 発奮はず いわ はや いた おれ 譬喩たとえ 現世うつしよ ともしび かすか じっ 御前おんまえ 御影みえい 御社おやしろ うらみ とも ぬら 怨恨うらみ なか こす あわ 翁様おきなさま 蒼穹あおぞら 蕩然とろり うらやま