“巌”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
いわお41.4%
いわ37.6%
いは9.0%
いはほ8.1%
いわや1.0%
いわほ0.5%
おごそ0.5%
がん0.5%
イハ0.5%
イハホ0.5%
イワオ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さっきの異人に負けず劣らずの大兵で、肩などはのように盛りあがり、首筋はあくまでも赤く、まるで蘇芳を塗ったようであった。
重吉漂流紀聞 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
城下より来たりて源叔父の舟頼まんものは海に突出に腰を掛けしことしばしばなり、今は火薬の力もてうき崖も裂かれたれど。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
それに、洋画家梶原さんが、ぎ、びて、でも、でも、名勝実写をなすつたのも、御双方御会心じます。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
宛然、ヒマラヤあたりの深い深い万仭の谷の底で、と共に年をつた猿共が、千年に一度る芝居でも行つて見て居る様な心地。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
紫玉は俯向いた。
伯爵の釵 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
玲瓏と頭上に輝き渡り、荒川の激湍えて、眼下に白玉を砕く、暖き春の日ならんには、目を上げて心酔ふべき天景も、吹き上ぐる川風に、客は皆な首を縮めて瞑黙
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
私は先づ其の室のかな空気に圧せられた。私の心は石の様になつて了つて、固い冷たい手術台に載せられても、殆ど何等の感動を覚えなかつた。
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
挽歌に巌門ねを言ひ、水鳥・大君のおもふ鳥を出し、いてのさまよひを述べ、紐を云々する事の多いのは、皆、鎮魂式の祭儀から出て居る。
河隈のに根ふ竹と 竹。なびきぞる。水を狭めて。﹆
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ト一雄、丈夫デ可愛ラシイ。海デ沢山遊ビ黒クナリマシタ。乙吉ハ二人ヲ大事ニシテクレマス。勉強毎日シマス。