伯爵の釵はくしゃくのかんざし
このもの語の起った土地は、清きと、美しきと、二筋の大川、市の両端を流れ、真中央に城の天守なお高く聳え、森黒く、濠蒼く、国境の山岳は重畳として、湖を包み、海に沿い、橋と、坂と、辻の柳、甍の浪の町を抱いた、北陸の都である。 一年、激しい旱魃のあ …
作品に特徴的な語句
背負じょい うけご はた おびやか 上手あじ そよ 髑髏しやれこうべ ひから いつく 動揺なだれ 退しさ こぞ しょう 歩行あゆ 禁厭まじの 光景ようす しばい 往来ゆきか うっ 風采ふうつき かお へた おびただし 一時いちどき 中途なかほど 風采ふう うなずか ともし 蹌踉よろけ がたり やさし いわや つけ 六歳むッつ かつ たまわ 出来いでき しぼ きば 後退あとじさり 女房にょうぼ 心持ここち あぎと おも うず 女神おんながみ 相応そぐ めっかち あまり 法衣ごろも くち たなそこ 各自おのおの かみ むさ まこと 虚空なかぞら ぼく きれ いき こそぐ 漂泊さすら そぞろ 煙管ぎせる あかり 犠牲にえ 流星ながれぼし さる 男神おとこがみ つがい いや 目前まのあたり ねえ なまめ わし くれない たかどの 可厭いとわ かさな えが へり 纏頭しゅうぎ おんみ 寂寞ひっそり 幼稚ちいさ 年配としごろ とお 自然おのず
題名が同じ作品
伯爵の釵 (新字旧仮名)泉鏡花 (著)