伯爵の釵はくしゃくのかんざし
このもの語の起った土地は、清きと、美しきと、二筋の大川、市の両端を流れ、真中央に城の天守なお高く聳え、森黒く、濠蒼く、国境の山岳は重畳として、湖を包み、海に沿い、橋と、坂と、辻の柳、甍の浪の町を抱いた …
作品に特徴的な語句
煙草盆たばこぼん 父娘おやこ 井桁いげた 烏滸おこ かけひ 枝折戸しおりど 鉄漿かね 旱魃かんばつ 不束ふつつか ろく 御幣ごへい 百日紅さるすべり 掃溜はきだめ 麦藁むぎわら 重畳ちょうじょう 僧形そうぎょう 華魁おいらん 象嵌ぞうがん まつげ 日盛ひざかり かんざし 未曾有みぞう 渺茫びょうぼう 森々しんしん 倨傲きょごう 定紋じょうもん 煎茶せんちゃ 落人おちゅうど 身震みぶるい 爪尖つまさき 苔蒸こけむ 仮初かりそめ 愛宕山あたごやま 草木そうもく 宝物ほうもつ 宵闇よいやみ 群青ぐんじょう 妙齢としごろ 七歳ななつ 千尋ちひろ 蓮池はすいけ 白山はくさん えが 蛞蝓なめくじ 四阿あずまや そそ 逍遥しょうよう 等閑なおざり 行末ゆくすえ 生霊いきりょう 伊達巻だてまき 後毛おくれげ 鳳凰ほうおう 真先まっさき 暗夜やみよ 木下闇こしたやみ 白壁しらかべ 面構つらがまえ 薄紅うすくれない 恐縮おそれ 金屏風きんびょうぶ 青柳あおやぎ 懐紙ふところがみ 内侍ないじ 驚破すわ 瓔珞ようらく 天降あまくだ 一年ひととせ たけ 投遣なげや 鵞鳥がちょう ひでり おこり 渇仰かつごう 起居たちい 掻消かきき ほこり 鬱々うつうつ 臭気におい 二条ふたすじ 洛中らくちゅう 白金プラチナ 鬼火ひとだま まつりごと 町中まちなか 御手洗みたらし 明眸めいぼう 邯鄲かんたん 飜然ひらり 煙草入たばこいれ 引籠ひっこも 禽獣きんじゅう 希有けう 飛退とびの ちん 灰吹はいふき 晃々きらきら 雛壇ひなだん 一歳ひととせ 目前めさき
題名が同じ作品
伯爵の釵 (新字旧仮名)泉鏡花 (著)