“蒸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
81.8%
むし6.8%
ふか4.0%
いき3.4%
2.3%
すすむ0.6%
むせ0.6%
むれ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「さうだ、すね。くすると、明日だぜ‥‥」と、へた。河野さうなにチラリとつた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
乏しい中から下谷の伊予紋(料理店)へよって、口取りをあつらえたり、本郷の藤村へ立寄って菓子を買いととのえたりして訪れていた。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
この十四日には家々で強飯し、煮染なぞを祝って遊び暮す日であるという。午後の四時頃に成っても、まだ空は晴れなかった。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
窓は閉めて、空気の通う所といっては階子の上り口のみであるから、ランプの油煙や、人の匂や、変に生暖い悪臭いれた気がムーッと来る。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
饅頭かしていた泥竈の下から、おやじが、火のついているを一本りつけると、それは城太郎にはあたらないで、軒下につないであった老馬の脚にぶつかった。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そして、大衆文芸でおなじみの山崎を初め三十人ばかり討死した。剣では、どうにも仕方がなかったのであろう。
鳥羽伏見の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
とあるかへり
孔雀船 (旧字旧仮名) / 伊良子清白(著)
山帰来葉や山はしき日のくるまむその葉摘みたむ
夢殿 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)