“伊予紋”の読み方と例文
読み方割合
いよもん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
松源伊予紋申付ます、おや御両人様からお年玉有難うございます、只今に、元日からふく/\です事よ。とりてく。
七福神詣 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
乏しい中から下谷の伊予紋(料理店)へよって、口取りをあつらえたり、本郷の藤村へ立寄って菓子を買いととのえたりして訪れていた。
樋口一葉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
庭のお稲荷さんもその人がこしらえたものということ……それで、妙だと思った仕事場のことなども分りました(この家の持ち主は御徒町の料理店伊予紋であった)