樋口一葉ひぐちいちよう
秋にさそわれて散る木の葉は、いつとてかぎりないほど多い。ことに霜月は秋の末、落葉も深かろう道理である。私がここに書こうとする小伝の主一葉女史も、病葉が、霜の傷みに得堪ぬように散った、世に惜まれる女である。明治二十九年十一月二十三日午前に、こ …
作品に特徴的な語句
退のぞ いとわ 年齢よわい ふけ えに おもんばかり うせ 無情なさけな いい わず ひね そら あき ある 何方いずかた わけ 出来いでき いづ はく たえ 洒落しゃらく あぶ 行水ゆくみず すき 性質さが あい つら 倏忽たちどころ 婦人ひと あげ まけ むき 蜀江しょくこう ぎょう ひそか むな つつま なつか いで つた わが ゆだ あめ しめ 赤裸せきら いじ 口惜くちお 虚偽いつわり くい りき わり はば なり 錯誤あやまち 打笑うちえ うん しく ばか めん きえ 細心ほそしん あり くら はた 両方ふたかた きわ 龍子たつこ 燈火ともしび 燈影とうえい たず 宮城みやぎ 煙管キセル 生血いきち ちょう いぶか おぼ みた 小切こぎ 見現みあらわ 小遣こづか だすき もら 裾廻すそまわ たくみ うち 己惚うぬぼれ 洗張あらいは はば すぐ ゆか びん ばかり あか こす