“視”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
75.5%
なが20.4%
しめ1.4%
みる0.5%
くら0.5%
0.5%
みつ0.5%
うかが0.2%
ながめ0.2%
のぞ0.2%
まのあた0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
開きれば一少艾衣類凋損たれど妍姿傷ねず問うてこれ商人の母に随い塚に上り寒食をすところを虎に搏たれ逃げ来た者と知り
いつの間にか、トチトチトン、のんきらしいに乗って、駅と書いた本所停車場の建札も、と読んで、白日、菜の花をむる心地。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
孝孺に至りて此詩を録して人にすの時、書して曰く、前輩後学めしむ、惓惓り文辞のみにらず、望むらくはに之を勉めんと。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
我その魚沼郡の塩沢れ、毎年十月のより翌年の三四月のころまで雪をに六十余年、近日雪譜を作るも雪に籠居のすさみなり。
番人もいぞ、頭を壁へ叩付けて置いて、掃溜へポンと抛込んだ。まだ息気っていたから、それから一日苦しんでいたけれど、彼犬べればおれの方が余程惨憺だ。
まず我が一身を独立せしめ、我が一身を重んじて、自からその身を金玉し、もって他の関係を維持して人事の秩序を保つべし。
徳育如何 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「わりゃ、わなわなと震えるが、素膚に感じるか、いやさ、寒いか。」と、じろじろとめて寛々たり。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
父親はそれまでに、横浜と東京の間を幾度となくったり来たりした。弟の家の方をったり、浅草の女の方に引っかかっていたりした。終いにまた子供を突き着けられた。
足迹 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
突当りの砲兵工廠の夜の光景は、楽天的にると、向島の花盛を幻燈で中空へ顕わしたようで、轟々く響が、吾妻橋を渡る車かと聞なさるるが、悲観すると、煙が黄に、炎が黒い。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
山口屋善右衞門はへ帰って見ると此の騒ぎですから、直ぐに医者を呼びにやりまして八右衞門を療治して貰い、表から此様な所をき込まれてはならんからと云うので
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
煙は中天に満々て、炎は虚空にもなし。りに見奉れる者、更にず、遥に伝聞く人は、肝魂を失へり。法相三論の法門聖教、て一巻も残らず。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)